MENU

主婦に人気の借り換え先はどこ?

主婦のカードローン利用でネックになってしまうのが総量規制。
専業主婦であるなら無収入になってしまうし、パート主婦なら収入はあれど稼ぎが少なすぎて借りれるところが限られてしまう。。。
主婦がお金を借りるって大変なことですよね。でも、ことが借り換えになったらそんな心配は必要ありません。
返済で毎月苦しい。
旦那さんにばれるのが怖くて毎日が不安。
そんなあなたにとっておきのカードローン借り換え術を紹介します。借り換えで返済の負担を軽くしていきましょう。

 

主婦がカードローンの借り換えなんてできるの?

結論から言うと、銀行カードローン・消費者金融問わず主婦でも専業主婦でもカードローン借り換えはできます。
しかし、総量規制の関係で所得がないとカードローン利用はできないのでは?と思ったあなた。総量規制には所得が低くても借りれるケースがあるんです。

 

総量規制には例外が存在していることはご存知でしたか?総量規制の例外というのは、ある一定の条件に当てはまれば総量規制の範疇外となり、消費者金融や信販会社などの貸金業者から借入が可能になるという特例措置のことを指します。
この総量規制の例外の中には【顧客に一方的有利となる借換え】と言うものがあり、例えばあなたの返済にかかる金利負担や返済額が減額するような借り換えについては貸金業者での借り換えでも可能になるのです。
ただ、法律上の話ではどこでも借り換えが可能になるのですが、借入先の貸金業者の規則上借り換えが叶わない場合もあるのでその点は要注意です。

 

主婦の借り換えは銀行カードローンと消費者金融のどっちがおすすめ?

主婦のカードローン借り換えとなると、ネックになるのはやはりあなたの収入です。専業主婦だ借り換えなんてもってのほかだと思っている方もいるでしょう。
でも、銀行によっては専業主婦にあまり積極的に融資を行っていないところも中にはありますが、最近の銀行は配偶者に安定した収入があれば専業主婦もカードローン利用できるところが多くなっています。

 

もちろんあなたの借入にかかる負担が一方的に有利になるのであれば、消費者金融での借り換えもできますが、消費者金融で借り換えをしても金利負担の減少はあまり見込めないので、借り換え先は銀行カードローンがおすすめということになりますね。最近では専業主婦にも力を入れてる銀行カードローンもありますので、そうしたところでカードローンを申し込むことで審査にも通りやすくなります。専業に積極的に融資を行ってくれるところの中には、配偶者の同意書などもいらないところもありますので、旦那さんや家族に内緒で申し込みをできるところもあり便利です。

 

限度額が低い主婦が借り換えができるといえるワケ

銀行のカードローンを専業主婦が利用する場合には、基本的に借り入れ限度額が一般の場合と比べて低めになります。だいたい10万円ぐらいというところが多いです。ですが専業に積極的に融資を行ってくれる銀行ですと、借り入れ限度額は30万円から50万円とまとまった金額になりますので、現在の借入金額によってはカードローンの借り換えにも十分対応できる金額になります。

 

専業主婦に限らずパートやアルバイトなどを含めて主婦の場合、日常的にそれほど高額の借り入れをすることはあまりなく、多くは1万円から3万円といった少額の場合が多いという特徴があります。これは次のお給料日までのつなぎとして、不足分をカードローンで補うことが多いからです。ですので、たとえ借り入れ限度額が10万円から50万円ほどであっても十分借り換えに対応できることになります。

 

複数社から借り入れていますと、月に何回もある返済日を管理しなくてはならず、わずらわしいですし、返済し忘れて延滞してしまう危険性も大きくなります。複数社から借入をしている主婦の方は借り換えに便乗したおまとめをしてしまうか、信頼できる1社にまとめる方法で返済苦をなくしていきましょう。

 

 

 

 

 

専業主婦は総量規制の関係もあって、消費者金融では基本的にはカードローンを利用することができません。ですので、一般的にカードローンを利用する場合には、銀行のカードローンを利用することになります。

 

 

主婦でもパートやアルバイトなど仕事がある場合には消費者金融などで借りることができますので、同様に借り換えも消費者金融で利用できますが、専業である場合には収入がありませんので、たしかに銀行のカードローンに限られてしまいます。ですが一般的に消費者金融よりも銀行の方が金利が低いことが多いですので、借り換え自体、低金利の銀行で行いたいという人も多いですので、専業であっても結局は低金利の銀行で借り換えできれば、メリットは大きいです。