MENU

低金利でおすすめなカードローンはどこ?

初回借入でも借りれ先の変更でも、お金を借りるときに損をせず借りるなら低金利カードローンがおすすめです。
低金利ということは月々にかかる金利が少なくなるので当然返済負担や総返済額が下がります。借りやすさを重視してカードローンに申し込みをすることも大切なときはありますが、金利の低さはカードローン利用先を選ぶときには重要な要素となるはずです。
ここでは低金利でお金を借りれるカードローンについて紹介をしていきます。

 

低金利でカードローン利用するときに知っておきたいこと

あなたが今借りようとしている金額はいくらですか?
10万円?
20万円?
50万円?
100万円?
カードローンに限らず、お金を借りるときには必ず金利を支払う必要があります。貸金業者は利息から得る収益で利益を上げているのですから当然のことです。
ここではそんな利息がどのように法律で定められているのかを紹介していきます。

 

金利の上限を決めている法律には利息制限法と出資法の2種類が存在します。あなたがカードローン利用を低金利で行いたいというときに知っておくべき法律は上限金利法です。

 

上限金利法というのは、ある一定の額を借りるときの最大金利の上限を決めている法律です。ということは、低金利のカードローンを探すときにはその一定の基準を知っているかどうかで低金利かどうかを見分けられるというメリットがあるんです。
上限金利法が定めている金利の上限
10万円未満⇒年利20%
10万円以上⇒年利18.0%
100万円以上⇒年利15.0%

 

この基準を覚えておくだけで、例えば消費者金融で低金利で10万円借りたいとき。
プロミスなら17.8%の金利で。
モビットなら18.0%の金利で。
アコムなら18.0%の金利でお金を借りることになるというのがわかります。
この3社で比べたらプロミスが1番低金利で借りれるという判断が瞬時にできるというわけです。もっと言うなら銀行カードローンではどうでしょう?
三井住友銀行カードローンなら14.5%の金利で。
三菱東京UFJ銀行バンクイックなら14.6%の金利で。
オリックス銀行カードローンなら17.8%の金利で借りることになります。
それなら金利の1番低い三井住友銀行カードローンで借りようと思えますよね。

 

低金利のカードローン利用をしたいなら最低限の知識を持っているようにしましょう。

 

低金利カードローンの意味。履き違えていませんか?

例えば初めてカードローン利用をするとき。
アコムの利用を考えてホームページをみて、金利3.0%〜18.0%というのをみて、10万円借りても金利3.0%なら全然かからないじゃん!
なんて一瞬でも思ったことはないでしょうか?もちろん、今までにカードローン利用をしたことがある方はこんなことを考えることはないと思いますが、初めてのカードローン利用で低金利のところがいいと思ったときにこんな考えで申し込みをして実際には金利が18%になってしまった場合、これは低金利でカードローン利用できたとはいえませんよね。

 

低金利のカードローン利用を考えたときには、あなたが借りたい額と、その額に当てはめられる金利を考えてカードローン利用をする必要があります。最低金利が低いと言うことは、借り換えやおまとめなどの高額の借入のときに低金利で借りれると言うこと。最高金利が低いと言うことは、少額の借入のときに低金利で借りれるということになります。
よく勘違いされてしまうのは、最高金利が低ければどんな額で借りても低金利での借入ができるということ。もちろん最高金利が低いと総じて最低金利も低く、どんな額を借りても低金利で借りれる場合も少なくはありません。しかし、それも場合によりけり。
最高金利が低くてもあなたの限度額設定によってはあまり低くない金利設定で借入をしなければならないこともあります。

 

低金利でカードローン利用をするには、あなたの借りたい額と実際に借りれる金額によって変動する金利についてしっかりと下調べをする必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッシングやカードローンといった借金の現在の返済に無理があると感じたらをすることで少しでも負担を軽くすることが出来ます。
キャッシングなどの金利は金融機関や会社によって様々ですから、現在の借入先よりも低金利の借り入れ契約を結ぶことが出来れば返済が楽になります。
ですから、現在の借入先よりも少しでも金利の低い会社を選ぶ必要があります。
また、複数の金融機関から借り入れている場合は、多くの人が少額融資を利用しており借り入れを重ねていることが殆どです。
少額融資は、上限金利で融資されていますので、これらを一本化することでかなり金利を低くおさえることが出来ます。
にしろ一本化にしろ、今より低金利にしなければ問題は解決しませんので借入先はよく検討して選ぶ必要があります。
また、もう一つの問題として総量規制というものがあります。これは、貸金業者として登録している金融機関の審査内容としてこの規制が盛り込まれています。
それは、利用者の年収の3分の1以上の貸し付けはできないというものです。カードローンにおいてもこの規制が適用されてしまいます。
総量規制に違反すると金融機関も行政処分の対象となり、営業停止などの措置を受けてしまいます。借金を一本化した場合にこの規制の対象となることもあり、金融機関では借入金額が多くなると審査が厳しくなる傾向もあります。
また、この総量規制のためにまったく収入のない専業主婦の場合、貸金業者では融資できなくなっています。
しかし、この総量規制にも例外があり銀行であればこの規制は適用されません。そこで、カードローンのや一本化を考えている場合は、銀行のカードローンを検討してみる方法もあります。
銀行は審査が厳しく難しいのではないかと先に消費者金融などに申し込みをすると、この総量規制により断られたあげくに信用情報を照会されてしまうと、申込み件数が記録されてしまう事になってしまい、信用情報が汚れてしまう事になります。
そういうわけでまず銀行を調べてみて申し込みを検討することをお勧めします。
銀行カードローンといっても種類が多くどれにしたらよいか迷ってしまいます。銀行のカードローンで超低金利といえるものは、上限金利が12%以下となりますが、さすがにほとんど見当たらないという状態です。
次に低金利といえる金利は上限金利が15%以下のものですがこの金利であれば消費者金融よりも低金利であると言えるでしょう。