MENU

リボ払いよりもカードローンの方が返済が楽になるの?

よくわからないけどリボ払いをおすすめされたからリボ払いで買い物をしたけど、なんかこれ損してない?
クレジットカードのリボ払いは計画的に利用すればとても便利な機能です。しかし、リボ払いについてよく考えずに利用してしまうと高い金利を長期間支払うことになる為、下手したら買い物をした元金は既に返済しきっているかもしれません。
毎月定額でお得だなんてそんなことはありません。終わらないリボ払いの無限地獄から一刻も早く抜け出しましょう。

 

リボ払いが終わらない理由

リボルビング払いは計画的に利用することで初めて利便性の生まれるサービスです。同じ過ちを犯さないように、まずはあなたがリボ払いが終わらない無間地獄に陥ってしまった理由を確認していきましょう。

 

リボ払いはクレジットカードの分割支払いの方法の1つです。金利は安いとは言えませんが、毎月定額の支払いで済むことから月々の返済負担を減らすことが可能です。しかし、利用金額や利用回数にかかわらず毎月決まった金額を支払っておけばよいという支払方法のため、それがあなたのリボ払いが終わらない原因ともいえます。
リボ払いはリボ専用のクレジットカードで支払いをするか、クレジットカードで商品の一括購入の後、支払いをリボ払いに変更するかのどちらかによって利用が可能です。急な出費があった時やどうしても欲しいものある時などには便利ですが、使いすぎると金利が膨らみ気が付いたら何十万円もの返済をしなくてはならない状況に陥ってしまうというのがリボ払いの恐いところです。

 

毎月の返済負担が少ないことと、今現在どれだけの元金を返済できているかの管理ができていないことでリボ払いが終わらない状況を作ってしまっているのです。

 

リボ払いを始めるきっかけとなるのは、リボ払いを選択することで得られる付加サービスのポイントがお得だと感じてしまうことが多いと思います。しかし、せっかく金利のつかない一括払いで支払ったのにリボ払いにしたために実質年率15%程度の金利がついてしまいます。単純に計算して、10万円の買い物をしたときに年率15%のリボ払いで返済をすると
返済期間⇒11ヶ月
返済総額⇒107,391円
と約1万円近く上乗せで支払いをしていることがわかります。たかだか1万円と思うかもしれませんが、これだけを見てもリボ払いの本質は見えてきません。リボ払いの本当の恐ろしさは分割払いとの違いを見ることで明らかになるのです。

 

分割払いとリボ払いの違い

クレジットカードの分割払いとリボ払いはニュアンス的には似ていますが、支払いの形態が異なります。まずは両者の支払い方法を見ていきましょう。
分割払いの支払い方法
分割払いの支払い方法は1度の会計で購入したときにその会計の代金と分割手数料を回数を分けて支払うというもの。
例えば10万円の商品を5回で購入したら、毎月2万円+手数料の支払いが必要となります。分割払いの支払い方法の肝となるのは、分割で支払う対象が1商品だということ。
仮に10万円の冷蔵庫を5回払いで購入し、後日10万円の洗濯機を5回払いで購入したとします。
分割払いで購入した場合にはまず冷蔵庫の代金が月2万円+手数料がかかります。そして、後日別会計で洗濯機を5回払いで購入したことによってさらに2万円+手数料の支払いが毎月来ることになるのです。

 

つまり、分割では会計ごとに分割支払いの料金が上乗せされていくので、この例で言うなら2つの分割払いが重なり月々4万円+手数料×2の料金を支払うことになります。

 

分割支払いの特徴は会計ごとの支払い料金が月々の支払い金に上乗せされていく形になる事です。

 

リボ払いの支払い方法
リボ払いでの清算は分割払いとは異なり、1度設定した金額から毎月の支払い料金が増えることはありません。
分割払いの例えをそのまま使用した例で紹介します。
前提条件はリボの金利手数料が15%の支払い金額が月々1万円だということです。
仮に10万円の冷蔵庫をリボ払いで購入し、後日10万円の洗濯機をリボ払いで購入したとします。
リボ払いの場合は金利15%で10万円の借入をし、その後10万円の追加借入をしたのと同じことですから、冷蔵庫と洗濯機の代金という区切りがありません。あるのは20万円を借りて買い物をしたという事実だけ。

 

ということはリボ払いで買い物をすればするだけ借金が増え、返済期間が延びるということになります。
20万円を金利15%で借入し、月々1万円の返済をしていくと
返済期間⇒24ヶ月
返済総額⇒231065円
となるので、実質3万円以上も多く支払うことになります。
リボ払いで買い物をしている方はその後も常に借入金額が増えていくということになるので、気が付いたらリボの返済残高が増えてしまっていたということもうなずけます。

 

簡単まとめ
分割支払い⇒月々の支払いに変動あり。分割購入した会計数によって毎月の支払額が変動。
リボ払い⇒月々の支払い金額に変動はなし。使った分だけ返済残高(借金)が積みあがる為、リボ払いを使えば使うほど借金額が増えていく。

 

リボ払いはカードローンに借り換えしたほうが良いのか

結論から言うと、

 

リボ払いはカードローンに借り換えしたほうが良い

 

と断言します。
※あくまで当サイトの見解です。

 

リボ払いで支払っていると一回当たりの支払額が少額なため一見助かったように感じますが、
その分返済期間が長期化してしまい、そのことによっても利息は増えてしまいます。

 

また、月々の返済額が少ないため返済能力を超えた買い物を知らないうちにしてしまう危険性もあります。

 

特に旅行などで頻繁に利用すると使った実感もないまま借金だけが膨らんでしまう事になります。

 

こういった経緯から返済が難しくなってしまった場合、新たな借り入れなどで月々の返済に充てていると自転車操業状態となり、かえって状態を悪化させてしまうのです。

 

そこで、終わらないリボ地獄を解消する為にクレジットカードのリボ払いの借金はは、カードローンでお金を借りて一括でまとめて支払ってしまうのがおすすめです。

 

リボ払いで返済を長引かせれば新たな買い物やそれに伴う利息のために、なかなか債務から逃れることが出来ません。

 

リボ払いの金利よりも低い金利のカードローンで借り換えることで返済の負担を減らし、早期に借金を終わらせることがリボ地獄から抜け出す有効な手段です。
もちろん手元にお金がある方はカードローンでわざわざお金を借りる必要はありません。

 

まずは残っているリボ残高を一括で返済し、利用しているリボ払いのクレジットカードにはさみを入れることが重要になるのです。

 

リボの支払いが複数ある場合はどうしたらいいの?

複数のカード会社のリボ払いを利用していた場合もカードローンでお金を借りて返済を一本化することが出来るため、支払日がまちまちであったものが1日に統一することが出来ます。

 

このことで、返済の成果が見えやすくなり返済のための計画も立てやすくなります。

 

また、カード会社ごとに悩んでいたものがある程度軽減され精神的にも楽になります。

 

リボ払いのクレジットカードは追加返済や随時返済の手続きが面倒な場合もありますが、一括で返済をしてしまうなら面倒くさいのは一回です。

 

カードローンを利用して返済をするなら、今後余裕のあるときの随時返済はカードローンの返済で簡単に済ますことが可能です。

 

 

リボ払いからカードローンへの借り換えにあたっては金利の低い銀行カードローンがおすすめです。
審査が厳しいという印象がありますが銀行は貸付限度額が大きいうえに総量規制の制約を受けないため一本化したい場合や金額が大きい場合は利用しやすく便利です。