MENU

サルでもできる消費者金融比較

そんな消費者金融でお金を借りるときに知りたい消費者金融の比較情報をまとめました。

 

金利や審査通過率。借入までのスピードやオプションサービスなど、様々なポイントを比較していきます。

 

あなたの知りたかった消費者金融の比較ポイントを確認してみてくださいね。

 

意味のない消費者金融比較は時間のムダ!

消費者金融の比較をするとき、意味のない比較をするのは時間の無駄。

 

あなたの目的としている借入条件のみ比較することが比較をする上でとても大切なこととなります。

 

例えばできるだけ金利を抑えて消費者金融で10万円のキャッシングをしようと思ったとき、どこで借りるか悩む必要はありません。

 

10万円の借入をするときはどこの消費者金融でも利息制限法の上限いっぱいか、設定している金利上限いっぱいで貸付を行うからです。

 

そうなると中小企業の消費者金融はほとんどの会社で金利を最高20%に設定しているから借りる候補から外れます。

 

次に大手ですが、大手消費者金融というと名前が浮かぶのは次の4社

・SMBCコンシューマーファイナンスプロミス
・アコム
・モビット
・アイフル

ですが、プロミス以外は最高金利を18.0%としています。

 

ということは残るは最高金利を17.8%に設定しているプロミスで借りるという選択肢しか残っていないわけです。

 

あれこれ欲張るから比較に時間がかかり、挙句、よくわからない失敗をしてしまうのです。

 

金利を抑えたいなら金利を。
速さを求めるなら速さを。
審査通過率を求めるなら審査通過率を。

 

それぞれ項目を絞って比較するようにしましょう。

 

ちなみに、消費者金融で限度額を比較するのは無意味ですので絶対にしないでください。

 

気になる方はこのまま下にスクロールし、『消費者金融比較で間違えやすいポイント』を読んでみてください。

 

消費者金融の比較表|どこで借りるのが正解?

消費者金融を比較するときにはあなたの今の状況を考える必要があります。

・どれだけの金額を借りたいのか
・どれだけの金額を借りれるのか
・毎月いくらまで返済に充てれるのか
・返済はいつまでに終わらせたいのか
・いつまでにお金が必要なのか
・職場や家族に借金を知られても良いのか

挙げだしたらキリのないことですが、消費者金融を比較してお金を借りようとしているあなたならどんな状況でどんなところを比較してお金を借りたいのかが明確になっていることでしょう。

 

そんなあなたの状況に合わせた消費者金融を探す為に、まずはお金を借りるときに気になる

・金利
・借入限度額
・審査回答時間
・融資スピード

の4点に焦点を絞り比較をして見ましょう。

 

消費者金融比較表

  金利
(実質年利)
最高限度額 審査回答時間 融資スピード
SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス
4.5%〜17.8% 500万円 最短30分 最短1時間
アコム 3.0%〜18.0% 800万円 最短30分 最短1時間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 10秒
(簡易審査結果)
最短即日
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 最短30分 最短1時間

 

消費者金融比較ランキングをつけるなら

消費者金融を比較したところで、これらの比較項目からどの消費者金融が最もおすすめなのかをランキングにして紹介をします。

 

消費者金融を実際に比較してどれを選んだらいいのか分からなくなったら、ランキング1位の消費者金融にまずは申し込みをしてみて下さい。

 

1位の消費者金融は大手消費者金融の中でも最もおすすめの消費者金融となっています。

 

SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス

>公式HPはこちら<

・金利4.5%〜17.8%
金利ランキング1位
・最高限度額500万円
限度額ランキング2位
・審査回答最短30分
審査回答時間ランキング1位
・融資スピード最短1時間
融資スピードランキング1位

 

消費者金融の申し込み者数堂々1位のプロミスは消費者金融の中で最も人気のある借入先です。大手消費者金融の中でもアコムと2万人近く申し込み件数が違うプロミスは、利用者満足度も高く特におすすめです。

>公式HPはこちら<

アコム

>公式HPはこちら<

・金利3.0%〜18.0%
(金利ランキング2位)
・最高限度額800万円
(限度額ランキング1位)
・審査回答最短30分
(審査回答時間ランキング1位)
・融資スピード最短1時間
(融資スピードランキング1位)

 

プロミスに次ぐ大手消費者金融アコム。限度額と金利設定を変更することで条件の良い消費者金融に進化しました。初めてのキャッシングで借り入れないようより不安が大きいならアコムがおすすめ。

>公式HPはこちら<

モビット

>公式HPはこちら<

・金利3.0%〜18.0%
(金利ランキング2位)
・最高限度額800万円
(限度額ランキング1位)
・審査回答簡易審査10秒
・融資スピード最短即日
(融資スピードランキング最下位)

 

10秒の簡易審査に通過できればほぼ借入可能なモビット。web完結で借入が可能で、郵便物が一切届きません。基本的に在籍確認も書類で行うので、在籍確認の電話もなし!周りにばれたくない人におすすめの消費者金融です。

>公式HPはこちら<

アイフル

>公式HPはこちら<

・金利4.5%〜18.0%
(金利ランキング3位)
・最高限度額500万円
(限度額ランキング2位)
・審査回答最短30分
(審査回答時間ランキング1位)
・融資スピード最短1時間
(融資スピードランキング1位)

 

銀行グループに属さず大手消費者金融に名を連ねるアイル。一時は倒産の危機に陥りましたが、サービスの向上と認知度があがったことで利用者から高い満足度を得ています。おまとめローンやレディースローンなどのサービスも充実しており、借入目的によっては重宝する消費者金融です。

>公式HPはこちら<

消費者金融を金利で比較するなら最高金利で比較してください。

 

消費者金融は貸金業法に定められる総量規制の対象です。

 

いくら限度額の大きい消費者金融でも、あなたが借りれる金額はあなたの年収の1/3まで。

 

限度額の高さと金利の高さを見間違えると、あなたの想像よりも返済負担が大きくなってしまいます。

 

消費者金融金利比較ランキング

消費者金融を選ぶとき、金利比較をして借りたいという声をよく耳にします。

 

消費者金融の金利ってどれも似たり寄ったりでどこで借りたらお得なのか分からないということは確かにあります。

 

しかし、あなたが借りる金額によっては金利比較をして借りたほうが確実に得をする場合もあります。

 

10万円50万円90万円の3つのパターンに分けて金利比較について考察し、消費者金融の金利を比較してみましょう。

 

10万円借りるときの比較
10万円を借りるとき、上限金利法で定められる最高金利は18%。

 

その為、10万円以内の借入の借入を行うときには例え数%であろうと最高金利の表記が低いほうが金利負担を少なく借りることができます。10万円未満の借入も同様です。

 

10万円未満の借入は上限金利法で最大20%の年利適応が認められますので、最高金利が少しでも低いところを選びましょう。

 

50万円借りるときの比較
50万円借りる場合にも、有利なのは最高金利が低い消費者金融。

 

最低金利を低くしている貸金業者の利率が下がり幅が大きくなり始めるのは大体が300万円を超えたあたりからです。

 

その為、最低金利の基準に近付いてる50万円といっても、定められるのは最高金利付近の金利設定となります。

 

そうなると選ぶべきは最高金利の少ない消費者金融です。

 

90万円借りるときの比較
90万円を借りる場合には金利設定よりも無利息期間があるかないかを重視して選ぶと良いでしょう。

 

上限利息法では、100万円超えの借入に対して15%を超える金利を設定することを禁止しています。

 

その為、100万円が近付いている90万円という金額を借りるときにはどの消費者金融を選んでも15%近くまで金利が下がっていることが考えられます。

 

そうなるとどこで借りても大差はありません。
ただ、無利息期間のありなしは大きな金利の比較ポイントです。

 

90万円にかかる金利は1月に換算しても大きなものとなります。
その為、1月分の無利息期間を設定している消費者金融を選ぶほうがよいといえます。

 

 

以上の考察から考えると、どの金額を借りるにしても金利比較でランキングを組むなら同じ順位になるという結果になりました。

  金利
SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス
4.5%〜17.8%
初回30日間無利息期間有り
アイフル
ランキングなんて糞食らえ!サルでもわかる消費者金融比較
4.5%〜18.0%
初回30日間無利息期間有り
アコム
ランキングなんて糞食らえ!サルでもわかる消費者金融比較
3.0%〜18.0%
初回30日間無利息期間有り
モビット
ランキングなんて糞食らえ!サルでもわかる消費者金融比較
3.0%〜18.0%

消費者金融での借入を考えたときにはSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが最も金利を抑えて借入できることが分かりますね。

 

消費者金融比較で間違えやすいポイント

消費者金融を比較するとき。

 

・私は金利を比較して低金利の消費者金融で借入したい!
・私は大きな額を借りたいから限度額の大きいところ借入したい!
・私は誰にもばれたくないから在籍確認のないところで借入をしたい!

 

など様々な思いを持って比較を行うと思います。

 

しかし。これら3点のポイントは比較をするときに間違えやすいポイントでもあります。

 

金利・限度額・在籍確認方法の比較について詳しく確認をしておきましょう。

 

消費者金融の金利比較について
あなたが今借りようとしている金額はいくらでしょうか?
金利比較の際には最低金利と最高金利がどのようなときに当てはめられるのかを知っておくことが重要なポイントです。

 

特に消費者金融で初めてお金を借りる人は金利の当てはめ方や上限金利についてしっかりと勉強しておかないと、あなたが思っている以上に金利を取られて損をしているように感じることも少なくはありません。

 

最高金利と最低金利について勉強をしていき、金利比較表の解釈を間違えない知識を得ていきましょう。

 

最高金利⇒消費者金融での借入において、少額の借入金額に対して当てはめられる金利。例えば最大500万円の借入が可能な消費者金融で1万円や5万円を借りるときに当てはめられる金利のこと。※利息制限法の改正によって、いかなる金額の借入に対しても実質年利20%を超える利息を付けられることはなくなりました。20%を超える金利での貸付をしている業者は違法業者ですので借入をしないようにしましょう。

 

最低金利⇒消費者金融の定める最大限度額を借りる際に当てはめられる金利。例えば500万円が最大限度額としている場合、500万円に当てはめられる金利のことを最低金利のこと。※消費者金融で最低金利で借入をすることはまず不可能です。ということは最低金利に近い金利で借入をするにも最高限度額に近い額を借入することが必要になります。100万円以内の借入なら最高金利が低いところを選ばないと確実に損をします。

 

消費者金融の限度額比較について
最高限度額はその名の通り、消費者金融が個人に貸付できる最高金額のことです。

 

しかし、消費者金融には総量規制という貸金業法に定められる規制が存在します。
この規制は「個人への貸付は個人の年収の1/3までしかしてはいけない」というもの。

 

つまり、最高限度額が800万円のところで800万円を借りるとなれば、あなたは年収2400万円稼いでいる必要があるのです。

 

ここから分かるように例えばあなたの年収が300万円なら100万円までしか。600万円なら200万円までしか借入をすることはできません。
最高限度額=無条件で借りれる額ではありませんので、限度額の比較の際には気をつけてくださいね。
※総量規制を気にしないで借入をするなら銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンは銀行法で運営されているので、総量規制の規制範疇外になる為です。

 

消費者金融の在籍確認比較について
消費者金融でお金を借りるとき、誰しもが家族や職場にお金を借りたことがばれたくない。と思うでしょう。

 

そんな中「在籍確認なし」「在籍確認不必要」等の甘い言葉もちらほら聞いたりしますよね。

 

日本の法律では在籍確認なしでのお金の貸付は認めていません。
つまり、在籍確認なしという文言で集客している貸金業者は違法業者であると判断ができるのです。

 

でも、モビットは在籍確認なしで聞いたことがある!という方。モビットの在籍確認はあります。

 

モビットで行われる在籍確認は電話での在籍確認ではなく、書類による在籍確認です。

 

この方法は希望すればどの消費者金融でも基本的には対応してくれるので、モビットだけの専売特許ではありません。

 

在籍確認なしという言葉に釣られて違法な業者から借入をしないようにしましょうね。

消費者金融の金利・審査について

消費者金融は金利は高いけど審査に通りやすい。そんなイメージですよね。

 

実際に消費者金融は銀行カードローンと比較して金利設定が高く、審査通過率も高いものとなっています。

 

当たり前の様に消費者金融の金利が高いことと審査に通りやすいという印象が浸透していますが、なぜ消費者金融の貸金業としての形態がこの形になったのか気になりませんか?

 

消費者金融が高い金利設定になっていること。
審査通過率が高いものになっていること。

 

この2点について紹介します。

 

消費者金融はなぜ金利が高いのか?

今でこそ消費者金融は銀行グループの傘下に入り金融業者の保証業を担うようになっていますが、以前は街金・サラ金(サラリーマン金融)と呼ばれる貸金業のみのサービスで会社を展開していました。

 

当時はグレーゾーン金利という利息制限法の穴をかいくぐった年率29.2%の暴利で貸付を行い収益を立てていたので、この時期は消費者金融の収益アップ黄金期ともいえます。
(当時お金を借りようと思ったら銀行では担保が必要な上、審査も今より格段に厳しかったのでよってたかって消費者金融でお金を借りていたのです。)

 

しかし、2010年の利息制限法の改正に伴い、そんな暴利で貸付ができなくなった消費者金融はやむを得ず法律の範疇内での営業をすることに。

 

さらに追い討ちをかけるようにこの時期から銀行カードローンが低金利でお金の貸付を行うようになりました。

 

顧客を集めるには金利設定を下げる必要がありますが、消費者金融はある問題があるために金利を下げてのサービス展開が難しかったのです。

 

ある問題というのは、貸付を行う資金調達のこと。

 

銀行カードローンは貸付を行うための資金を自社の持っているお金の中から捻出して貸付を行います。
しかし、消費者金融は基本的には貸付するお金を借りての営業となります。

 

簡単にいうと又貸しです。

 

借りたお金を貸すのですから当然消費者金融にもお金を返済する義務が生じ、消費者金融を利用する債務者から多くの利息を回収する必要が出てきます。

 

消費者金融は借りたお金を返す為に金利を高く設定しているということなんですね。

 

ただ、金利を高くするだけでは顧客は銀行カードローンに流れてしまうので、やむを得ず銀行グループの参加に入り、金融業者の保証業を担っているというわけです。

 

では、次に審査通過についてです。

 

審査通過については金利の話が関わってくるのでここでの話を頭の片隅に置いて消費者金融の審査についてみてみましょう。

 

何で消費者金融は審査が甘いといわれるのか?

消費者金融の審査は甘いといわれてるけど、それってホント?

 

はい。

 

消費者金融でお金を借りるときの審査は銀行カードローンでお金を借りるよりも厳しくありません。

 

ではなぜ消費者金融の審査は銀行カードローンよりも厳しくないのでしょう?
それには銀行と消費者金融のお金を貸すときの仕組みの違いや、今の貸金業の状況が関係しています。

 

 

消費者金融の金利が高い理由は前項で紹介をしています。
実は審査が甘めなのは、金利の高さに関係しているのです。

 

消費者金融は貸付をする為にお金を借りていることはもうお分かりですね。
そうなると、消費者金融はより多くの顧客にお金を貸して収益を上げていかなければいけません。

 

しかし、そこで審査銀行カードローン並に厳しくしてしまったらどうでしょう?
お金を貸付することができず、消費者金融自体が借りたお金の返済もままならない。
利益を上げることなんて到底できませんよね。

 

また、現在消費者金融は貸金業の営業存続が厳しくなってきている状況であることも、消費者金融の審査難易度を下げる要因になっています。

 

総量規制やその他の法律の改正により、消費者金融が貸金業として営業していくのが難しくなってきているからです。
※現在、国や銀行が消費者金融の顧客を銀行に移そうとしている状況です。その為、消費者金融は審査難易度を下げることによって営業を持たせている状況となっています。

 

こういったことから、消費者金融は審査の難易度を低くせざるを得ない状況に追い込まれているといえるのです。

 

消費者金融を比較するよりクレカの現金化の方がお得って聞いたけどホント?

消費者金融でお金を借りる方法を探しているとき、クレジットカードの現金化という方法を見かけた方もいるのではないでしょうか?

 

クレジットカードの現金化は確かに違法ではありませんが、クレカの現金化でお金を工面するのはカードローンよりも損をするお金の工面となるので、絶対に利用しないでください。

 

消費者金融での借入にかかる金利は、現在では利息制限法によって年利20%以内と制限がされています。
しかし、クレカ現金化には利息がありません。
あるのは手数料という謎の負担金です。

 

ほとんどのクレカ現金化ではクレカのショッピング枠を利用して買い物をした商品の80%〜90%ほどの金額で買取をしてくれます。
となると、例えば10万円の品を買って80%で買い取ってもらったら8万円がすぐに手元に来る計算となりますよね。

 

でも考えてください。
消費者金融で年利20%で10万円を借りたとして(本来は10万円借りたら金利最大18.0%がMAXです。)あなたが支払う金利はいくらになると思いますか?

 

例えばあなたが返済を2回で終わらそうと計画していたとき、
初回の返済でかかる金利は

 

10万円×0.20(年利20.0%)×365日(1年)×30日(1ヶ月)=1644円

 

の1644円です。
初回に5万円の返済をしたとしたら、借金の残高は51644円です。

 

次回30日後に完済するときにかかる金利は

 

51644円×0.20(年利20.0%)×365日(1年)×30日(1ヶ月)=849円

 

なので、2回目で完済するときに52493円を返済すればあなたの借金は完済することとなります。

 

完済までにかかった金利2493円。

 

クレカの現金化によって取られる手数料がいかに暴利かがわかりますよね。

 

 

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社が禁止している使用方法です。
現金化の事実がばれたらクレジットカード利用金額一括返済を求められる可能性が出てくるほか、自己破産などの債務整理によって借金から逃れられる術をなくしてしまう可能性があります。

 

確かに手っ取り早く現金が手に入る方法かもしれませんが、消費者金融で借りれる可能性があるのなら、クレカの現金化は絶対しないでください。

 

消費者金融の比較を慎重に行い、あなたの望んでいる借入ができるところを探していきましょう。

消費者金融一覧表

ここでは当サイトでおすすめはしていませんが、消費者金融として知名度のある消費者金融を紹介していきます。

 

金利や限度額、それぞれの消費者金融の特徴を簡単にまとめていますので、気になる方は参考にしてみて下さい。

 

Carent(キャレント)
金利 最高限度額 即日融資
7.8~18.0% 500万円
「ネットで借りるならキャレント」と謳っているだけあって、来店なしの24時間365日いつでもネットから申し込みを行うことが出来ます。平日14時までに全ての手続きが完了できれば即日振込が可能。

キャッシングカードが不要で全国どの銀行でも指定口座へお金を振り込んでくれます。
返済方法も銀行振込とは別に口座振替も選べるので返済忘れもなく安心です。

セントラル
金利 最高限度額 即日融資
4.8~18.0% 300万円
愛媛を拠点に展開するセントラルは香川・高知・岡山にも自動契約機があります。

お近くの方であれば店舗へ来店、もしくは各地の自動契約機にて申し込み後発行されたカードで即日融資も可能。
遠方の方はインターネットや電話から申し込み後、銀行振込にてお金を借りることができます。

フタバ
金利 最高限度額 即日融資
14.959~17.950% 200万円
フタバはパソコンや携帯のインターネット、もしくは電話での申し込みとなります。

はじめてのご利用であれば30日間無利息で借りることができるので安心です。
「他社の消費者金融4社以内の方を対象」とあえて明記しているので多重債務者でも審査を行ってくれるのが特徴です。

RYFETY(ライフティ)
金利 最高限度額 即日融資
8.0~18.0 500万円
24時間365日インターネットから申し込むことができ、パートやアルバイト・派遣社員の方でも契約が可能です。

おまとめローンも行っており他社とライフティでの借入を一緒にまとめて支払うこともできます。
また、1000円から借りることができるので少額借入希望の方はライフティをおすすめします。

フクホー
金利 最高限度額 即日融資
7.3~18.0% 200万円
近所にセブンイレブンの店舗があれば即日で契約書類を受け取ることができるので、申し込み当日にお金を借りることができます。おまとめローンやレディースキャッシングの取り扱いもあり、消費者金融の中でもフクホーは審査が甘いことで有名です。

ノーローン
金利 最高限度額 即日融資
4.9~18.0% 300万円
新生銀行グループが運営するノーローンは、はじめての方だけではなく何度でも1週間無利息でキャッシングできます。

完済月の翌月からまた無利息で借りられるので、給料日前の急な出費に助かります。
また返済するだけでその利息分が楽天ポイントとして貯まるので、賢くお金を借りることができます。

キャッシングアロー
金利 最高限度額 即日融資
15.0~19.94 200万円
アローは他の消費者金融と比べてまだ新しい会社なので、新規契約者獲得の意味もあり、他社で断られた方でも審査が通る可能性が高いです。審査そのものも最短45分で完了するのでお急ぎの場合でも即日融資ができます。

スカイオフィス
金利 最高限度額 即日融資
15.0~20.0% 50万円
以前は「ニッセイキャッシング」という会社名で運営しており、最短30分でのスピードキャッシングが可能です。

借り入れ最高限度額が50万円と他社と比べて少額融資ですが、スカイオフィスは福岡で人気の消費者金融です。

ビアイジ
金利 最高限度額 即日融資
15.0~18.0% 100万円
ビアイジには、高額の医療費や緊急時などに医療費の請求書や見積書があればお金を借りることのできる「医療費貸付け」や、専業主婦でも借りられるキャッシングなどバラエティに富んだキャッシングプランがあります。

CANET(キャネット)
金利 最高限度額 即日融資
15.0~20.0%(九州は12.0~20.0%) 300万円
キャネットには北海道在住の方を対象とした通称「北海道キャネット」と、関西を中心とした京都の「京都キャネット」、九州・沖縄を中心とした鹿児島の「九州キャネット」3つの会社が存在します。

それぞれ会社のマークは同じですが別々の会社として運営しています。
ご自身の在住地によってお選びください。

キャッシングエニー
金利 最高限度額 即日融資
5.0~20.0% 300万円
エニーは同名の闇金融が存在するために勘違いされがちですが、キャッシングの即日融資や500万円までのおまとめローンを取り扱っていたり、審査が通りやすいという口コミも多くあり優良消費者金融です。

平成28年12月にはリニューアルオープンを予定しており、12月6日までの期間は貸付業務を停止しています。

ユニーファイナンス
金利 最高限度額 即日融資
12.0~17.95% 300万円
ユニーファイナンスは名古屋の本店を中心に愛知・岐阜・三重と東海エリアに渡って店舗を持ちます。

また提携先であるプロミスの全国に展開するATMなら借り入れもご返済も簡単に行えます。
無担保ローンの他にも不動産担保ローンや、自営業など事業者向けの最高1000万円までのビジネスローンも取り扱っています。

中央リテール
金利 最高限度額 即日融資
10.95~13.0% 500万円 ×
複数社からの借入があると返済日のバラつきに加え利息が増えてしまうため、一本化をおすすめします。

そんなときに頼りになるのが主におまとめローンを取り扱っている中央リテール。
利息を減らすことが出来るため無理なく完済することができます。

DAIRECT ONE(ダイレクトワン)
金利 最高限度額 即日融資
4.9~20.0% 300万円
スルガ銀行グループのダイレクトワンは全国のコンビニ・イオン銀行・プロミスのATMから借り入れや返済を行うことができます。そのため急な出費の借入や、気づいたときに返済ができるためとても便利です。

またペットオーナーの為のカードローンを取り扱っており、ペットや器材の購入から治療費までペットに関する資金として最高50万円まで借りることができます。

ニチデン
金利 最高限度額 即日融資
9.49~17.52% 50万円
ニチデンは奈良に本社があり大阪の梅田や大阪駅前・吹田に支店がある関西の消費者金融です。

満20歳以上で定期的な収入があれば、パートやアルバイトでも性別や「国籍」問わず貸し付けの申し込みができます。
平成28年12月末までの新規ご契約で90日間無利息キャンペーン実施中。

ICローン(アイシーローン)
金利 最高限度額 即日融資
10.0~20.0% 50万円
主に学生ローンを取り扱っているアイシーローンは、学生限定でお友達を紹介するたびに1人につき1.0%金利が下がるキャンペーンを実施中。また卒業後もキャンペーンによって引き下がった利率で利用できます。

しかし学生ローンもフリーローンも首都圏に在住、在勤、在学の方のみが対象となるので注意が必要です。

キャッシングスペース
金利 最高限度額 即日融資
8.0~20.0% 500万円
多くの消費者金融が満20歳以上の方を対象としている中、スペースでは18歳からお金を借りることができます。

匿名掲示板2ちゃんねるに多くの口コミが載っており、その中には事実無根の口コミも存在するとスペース側は注意喚起しています。

ご融資どっとこむ
金利 最高限度額 即日融資
18.0~20.0% 50万円
ご融資どっとこむはフリーローンやおまとめローンの他にも住宅ローンなど全部で6つのローンを取り扱っています。

また不動産担保ローンやビジネスローンでは最高1億円までの融資が可能。
切り抜けたいピンチや逃したくないチャンスに強い味方となってくれます。

エフォートコーポレーション
金利 最高限度額 即日融資
15.0~20.0% 50万円
同じく福岡を拠点とするスカイオフィスと似たような公式ホームページを運営していますが、別会社のいわゆる系列店となります。そのため金利や最高限度額等に違いはありませんが、エフォートコーポレーションには「他社で断られた方も柔軟対応」と表記されていますので申し込んでみる価値はありそうです。

アスカキャッシング
金利 最高限度額 即日融資
18.0~20.0% 50万円
福岡を拠点とするアスカですが来店不要のネット申し込みは24時間365日全国どこからでも受け付けており、スピード審査・スピード振込を得意としています。

電話での問い合わせもフリーダイヤルのため、わからない点や不安なことは事前に確認することをおすすめします。

マンモスローン
金利 最高限度額 即日融資
7.3%~15.0% 2,000万円 不明
マンモスローンはおまとめローンを専門で取り扱っており、毎月の返済額や全体の金利負担を軽減できます。

公式ホームページには金融に関する用語集や悪質業者の手口と対処法もあり、初心者の方にとても優しい消費者金融です。

アプラスパーソナルローン
金利 最高限度額 即日融資
6.90~18.0% 300万円
新生銀行グループのアプラスパーソナルローンは、全国のコンビニ・金融機関に加えてゆうちょ銀行からも利用することができます。申し込みにはメールアドレスが必須となり、インターネット上の会員専用のマイページで取引状況などを確認することができます。

しんわフリーキャッシング
金利 最高限度額 即日融資
7.0~18.0% 300万円 ×
「安心はしんわ」の名の通り、数ある消費者金融の中でも唯一営業マンが実際に自宅を訪問します。

福岡と大阪に店舗があるため、近くであれば申し込みから訪問・受付・審査まで当日に行えることが可能かもしれませんが、実際のところ即日融資は難しいと捉えていた方が良いでしょう。
しかしきちんと営業マンの方と相談ができて分からないことに関しても丁寧に説明してくれますし、手続きもほとんどしてくれるのでその点の手間の無さや安心感は1番といえます。